MBP(はてな)

MacBook Pro,iPhone 6s,Moto360,Nexus7

MBPクリーンインストール後

(5m50s)
($ time curl -LSfs https://raw.githubusercontent.com/hiroyuki12/dotfiles/master/install.sh | bash)
(sudo password入力を求められたら、AppleIdのパスを入力。)

Spotlight(control + space)で drop で検索。
id yahoo mail
(Googleログインは使わない)

~/github/dotfile/ にcloneしたファイルがある。
d で移動。

ログアウトしなくても設定が反映する
(設定を反映させるためにログアウト command + shift + q)
three finger dragの設定が必要。Accessibility。ログアウトが必要
control + j で日本語入力。
githubへpushできるように、vim ~/.netrc

1.タップでクリックに設定するには、
Spotlight(ctrl + space)でtrackで検索して(システム環境設定 ー トラックパッド) 、 Tap to clickをオン。マウスのスピードを右から3つめに変更。→Apple Script

2.capsキーにcommandを割り当てるには、
Spotlight(ctrl + space) で keyb で検索して(システム環境設定 ー キーボード) 、Keyboardタブの、 右下のModifier Keysで、capsをcommandに割り当て。→Apple Script

3.3本指でドラッグをオンにするには、
Spotlight(ctrl + space)でAccessiで検索して(System PreferencesのAccessibility)で、左からMouse & TrackPadを開き、Trackpad Optionsで、three finger drag。→Apple Script

$ defaults write com.apple.AppleMultitouchTrackpad TrackpadThreeFingerDrag -bool true
$ defaults write com.apple.driver.AppleBluetoothMultitouch.trackpad TrackpadThreeFingerDrag -bool true
$ defaults -currentHost write NSGlobalDomain com.apple.trackpad.threeFingerSwipeGesture -int 1
して、ログインし直す。3つ目は不要かも。
control + spaceして、securityで検索して、AccessibilityのScript Editorにチェックオンが必要。

4.パスワードを変更するには、
SpotlightでUserで検索して(System Preferencesの、Users & Groups) 、Change Password。iCloudのパスワードはAppleIDのパスと同じ。Use Separate Password
左下の鍵のボタンをクリックする。その後、controlを押しながらユーザー名をクリックして、Advanced Optionsで、Full nameを変更。

6.解像度を変更するには、Spotlight で displays で検索して(システム環境設定 ー Displays )、 Scaled を選択して、右から2つ目に変更する。→Apple Script
参考

karabiner は sierra に対応していない

8.Shift + Spaceで日本語入力ON/OFFするには、Karabinerをインストール。kanaで検索して、Change Space KeyのShift+Space to KANA/EISUU (toggle) を選択する。

control + j で切り替えるように設定。キーボードの設定で、ショートカットーinput sourceーselect the previous input source をチェックして、 control + j に設定。→Apple Scriptで設定画面を表示

9.キーリピートを早くするには、キーボードの設定で、KeyRepeatとDelayを一番右にする。→serverkit。

11.Safariブックマークツールバーを表示するには、command + shift + b。→Apple Script

13.Xcode 7.2.1 (App Store) Spotlight で appで検索。
シミュレーターで表示できた。

14.dockを左に表示し、拡大表示するには、システム環境設定 ー dockを開き、左に設定し、拡大にチェックをつける。→serverkit

(15.ホットコーナーの設定で、左下をデスクトップ表示、右上をディスプレイスリーブに割り当て。設定ーDesktop & Screen Saver。

16.Terminalの設定。$ vi .bash_profile して、iして、export PS1="\[\033[32m\]\w\[\033[0m\] $ " を貼り付け。→serverkit

17.シェルが終了したらウィンドウを閉じる。Terminalを開き、command + , で、Profiles - shellのタブを開き、Close the windowに設定。

18.homebrewインストール。→serverkit

19.設定のSecurityでファイアーウォールをONに設定。→serverkit

20.aliasを追加。→serverkit

21.Terminalの初期サイズを100x48に変更。command + , して、Profiles - Windows で設定。

22.スペルチェック無効化。Setting - Keyboard - Text - Correct ~ のチェックをOFF。→Apple Script

OS X をクリーンインストールでバージョンアップして、移行アシスタントでデータ復元するまでの手順

最短2時間でMacを再インストールしてすっきり快速に新年の仕事を始めよう


(mas) masmas
brew install argon/mas/mas
(Wunderlist) masw
mas install 410628904
(Pocket) masp
mas install 568494494
(Xcode 16m44s) masx
time mas install 497799835
(CotEditor) masc
mas install 1024640650

Vim 8.0

Visual Studio Code
b Caskroom/cask/visual-studio-code
Intro Videos Overview

外付けHDD(HT-EA20TK)に書き込みできるようにする。
b Caskroom/cask/mounty
Mounty for NTFSをインストールする。参考

2段階認証でgit pushできるようにする。
Githubを二段階認証にして、弾かれた時にする一番ラクな対策 - Qiita
Github→Settings→Developer Settings→Personal Access Tokens→git push→Edit→Regenerate token
Generate new tokenでtokenを生成。public_repoにチェック。
ターミナルを開いてvim ~/.netrc
下記のように入力
machine github.com
login [あなたのGitHubのID]
password [2で生成したtoken]

無線APをWNPR1167Gに変更。5G 11ac
無線LAN-クライアントリスト